tool description

ヘッドラインとは、デザイナーが将来の自分自身を投影することで、どんな影響を与えるサービスが社会に必要かを理解しようと想像するために使う、雑誌または定期刊行物に掲載された架空の記事です。 これにより、潜在的なユーザがサービスをどのように利用し、どんな反応がえられるか、デザイナーが自問することができます。
またこのツールはアイデアを視覚化し、より具体的で、よりリアルで、よりはっきりとチームと利害関係者間でアイデアを認識させる方法です。

References: 
(2002) IDEO, Method Cards, William Stout Architectural Books, San Francisco.
CASE STUDIES
CASE STUDIES

ORANGE BANK

live|work

サービスがどう伝達され、どう知覚されるかを理解する上で、さまざまな側面でサービスの手助けとなる架空の新聞記事を作成することです。

イントラネットサイトのデザイン

IDEO

IDEOのメソッドカードから取られたこのサンプルによって、IDEOは、情報技術者のためのイントラネットサイトの設計時に「ヘッドライン」をうまく使用しています。このツールによってクライアントは、サービス構築のスピードとサービスのローンチのためのビジネス目標を設定し、明確化することができた。
「ヘッドライン」によって、プロジェクトチームは将来のプロジェクトの姿を投影し、顧客との関係をどう創りだし、維持するかを導き出すことできるかもしれません。これは、製品またはサービスの開発をするときの設計上の問題を見つけるために非常に便利です。