tool description

アクターズマップとは、それぞれの立場の相互関係を表しているマッピングツールのことです。 システムの視点からサービスとそのサービスの背景を見ることができます。すべてのプレイヤーの中心となる特定のポイントからサービスを観察することでこの地図上のグラフはつくられます。たとえば、もし選択されたトピックが利用者だった場合、このグラフは利用者との関連から始まるすべてのプレイヤーをあらわします。

References: 
(2007) Nicola Morelli, New representation techniques for designing in a systemic perspective, paper presented at Design Inquires, Stokholm.
CASE STUDIES
CASE STUDIES

FIAT MULTI+ ACTORS

live|work

ライブワークは、サービスや状況のシステム的な見た目を見出すためにこの種の表現を利用する。システム的な見た目は、機会を見出したり、新たなアイデアやサービスコンセプトのひらめきを与える。
このマップはまた、エコロジーマップとも呼ばれる。なぜなら、エコロジーという考え方は、複雑なものの具現化であることと、アクターが価値を相互に交換するという意味で持続可能性の意味を持つ。

ネットマップ

eva Schiffer

ネットマップは、デザインプロセスの促進またはソーシャルネットワークに関与するためのEva Shifferによって開発された参加型のツールです。ネットマップでは、コミュニティの視覚化を、すべてのアクター(根本)の理解と位置関係を明確しながら実現します。
Eva Shufferによると:ネットマップは、人々が、理解して視覚化、議論し、様々なアクターが結果に影響を及ぼす事態の改善に役立つインタビューベースのマッピングツールです。個人やグループは、状況の独自の見方を明確に議論を促進し、そのネットワークの活動への戦略的アプローチを開発することができます。
特にマップは、アクターがネットワークにどのように関与しているか、どのようにリンクされているか、どのように影響を持つか、そしてどんなゴールを持っているかを明確にします。