tool description

マインドマップは、私たちの考えとそのコネクションを視覚的に誘発するためのツールです。 可視化は、問題や考えを描写するもの(たとえば紙など)の中心に置くところから始まります。その後、サインや線、単語、図表などをつかって、その出発点の周りの思考のシステムを構築していきます。つまり、考えていることと手を動かすことが同時に動作しています。

References: 
(2006) Bill Moggridge, Designing Interactions, The MIT Press, Cambridge
CASE STUDIES
CASE STUDIES

D-SCHOOLマインドマップ

David Kelley, IDEO

2004年にデービッド・ケリーは、製品・体験・サービス・スペースの開発におけるデザインをコアスキルとして身に付けるためのデザインスクールをスタンフォードに設立しました。マインドマップは彼の"D-School"の教育体験のアイデアとして表されています。