tool description

コンストラクティブインターアクションとは、ユーザがサービスを利用している間に行う観察を元に行う方法です。 ユーザは、デザインシンキングの利用者が耳を傾け、彼の考えを記録できるように、指定されたタスクをこなしながら大声で考えていることを伝えることが求められます。この種の評価が、システムと同時に2人のユーザが対話している状態で行われるときであれば、検査官は、より効果的な結果とより自然な考え方を得ることができるでしょう。

References: 
(2005) Benedikte S. Als, Janne J. Jensen, Mikael B. Skov, Comparison of Think-aloud and Constructive Interaction in Usability Testing with Children, Proceedings of the 2005 conference on Interaction design and children, Boulder, Colorado
(2004) MJ Van den Haak, PJ Schellens, Employing think-aloud protocols and constructive interaction to test the usability of online library catalogues: a methodological comparison, in Interacting with Computers, Vol. 16, No. 6.
CASE STUDIES
CASE STUDIES

高齢者の家での体験を高めるハッピーメール

Eilidh Dickson, Copenhagen Institute of Interaction Design

ハッピーメールは、高齢者の友人や家族は、SMSメッセージや電子メールを通じて簡単に連絡できるようにするデバイスのプロジェクトです。最初の調査の後、テストにて高齢者からのフィードバックを得るために、そのためのいくつかのアイデアが選ばれシナリオに基づいてマッピングされました。
テストは、デバイスの簡単な紙のプロトタイプを介して行われます。高齢者はそのデバイスの設計者の手助けを得て利用します。そして設計者は、その高齢者達の考えや認識を記録します。